Twitterで一般人ごときが
「私事ですが先日入籍云々…」
って婚姻届の画像上げてるのを見るたびに
濃縮コロナちゃんたちをジップロックに詰め
愛を込めてご祝儀として送りたくなります^^
リナです
熨斗は勿論「御香典」ね

最近になってちょくちょくこちらに登場する「ヒロシ」
一体どんな人物かまだ公開していませんでした

ヒロシと知り合ったのは昨年夏ごろ、婚活アプリでした
顔写真はごくごく普通の眼鏡男で、同い年
しかも同じ市内在住ということで気が合う点があり
惰性でメッセージ交換していました

会うことになったのは10月
その頃は松川先生に本格的にハマってたし
別に誰かと新しい関係を求めてはいなかったけど
まあ車で数分の場所の待ち合わせ場所だし、行ってみるかねー的な
軽いノリでした

岡田准一さんも来たことがあるらしいそのお店の入口に立っていたのが

ヒロシです…


IMG_2252

初面接が大雨だなんて、縁起悪かとです…

実物を目にした私の感想

「」

そう、何も感じないのです
普通なら「うわーカッコいい」「げ、ぶっさwww」とか
なんらかの気持ちが湧くんですが
全くなにも感情が動かないという初めての経験

普段は眼鏡はしていないとのこと
まあ、ご飯食べながらいろいろと話していたんですが
ある話題で私は初めてヒロシに興味をもちました
実は彼、かつて「FF14」のガチプレイヤーだったのです
「仕事を辞めてからがスタートライン」と言われるFF14において
資産は有り余るくらいで戦闘でもすごいプレイヤーだったらしい

まさかニートなのかと疑問を投げかけてみたら
普通に働きながら、ほぼ睡眠時間削ってやっていて
ちょい前に引退したそうです

ああ、それなら私のドラクエ10好きも理解してもらえそうだなと感じました
「同じスクエニだし、ドラクエ10もやってみたら?」
「うーん、やったらまたガチでハマりそうだしなあ」
ドラクエ10より遥かに難しいFF14で廃プレイしてたなら
きっと開始数か月で私を追い越していくだろう

同じゲーマーであることや、同世代なので音楽の趣味も合う
見た目に関しては小太りだし決して良い部類ではないけど
痩せれば元々の顔立ちはそれなりっぽいかも
AIで似てる有名人診断するアプリでは堂本剛くんだったし…

そんなわけで、その場でLINE交換し
また会いましょうね、となったわけです
サービス業なので休みが合わないのがネックではありますが
いかんせん近所(半径5km以内)なのでどうにでもなるというのも
また条件としては悪くないなと思いました

ヒロシについての基本情報はこんな感じです
また需要があれば詳しくご紹介したいと思います




バツイチ恋愛ランキング